さくらキッズだより

2018.05.16更新

こんにちは

はしかの流行が全国的に認められており、お母様 お父様もニュースなどで耳にされていると思います。

はしかは伝染力がとても強く、かかってしまうと、場合によっては重症化したり、重い合併症になったりすることもあり、比較的怖い病気です。一般的には、感染すると約10日後に発熱、咳、鼻水など風邪のような症状が出てきます。2、3日熱が続いた後、高熱と発疹が出現します。(症状に関しては個人差があります。)肺炎、中耳炎などの合併症もあり、、患者さん1000名に1名の割合で脳炎が発症すると言われています。死亡する割合も、先進国であっても1,000人に1人と言われています。

院内感染防止のため、はしかを疑い、受診希望の方は必ず、前もってお電話を頂きますようお願いいたします。

はしかにかからないようにする最も有効な手段はワクチン接種であるといわれています。(ワクチンの効き目には個人差があります)当院ではMRワクチン(はしかとふうしんの混合ワクチン)しかご用意がありませんが、ぜひ対象年齢の方ははやめに接種してください。

MRワクチンの定期接種の対象は1歳のお子様と小学校に入る1年前のお子様(ねんちょうさん)となります。また、定期接種を逃してしまったお子様に関しては任意接種の対応もいたしておりますので、お問い合わせください。

 

投稿者: さくらキッズクリニック

ご予約・ご相談はお気軽に

お子さまのことでお悩みでしたら、さくらキッズクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください
  • お気軽にお問い合わせ下さいお気軽にお問い合わせ下さい
  • 待ち状況確認・予約受付待ち状況確認・予約受付