診療案内(一般小児科)

よくあるお悩み

お子さんに以下のような症状があれば、当院にご相談ください。

  • 熱が出た
  • せきが出る、せきのときに「ぜーぜー」という音がする
  • 鼻が詰まって苦しそう、鼻水が出ている
  • 下痢や便秘が続いている(便秘については5日は置かないようしてください。)
  • 肌にぶつぶつが出ている

対応可能な疾患

当院では主に以下の病気について診療しています。下記以外でも、お子さんのことで困ったことがありましたら、お気軽にご相談ください。

風邪
ぜんそく
気管支炎
湿疹
肌荒れ、乾燥肌
胃腸炎(下痢、嘔吐)
便秘
各種感染症(溶連菌感染症、インフルエンザ、手足口病、水痘、おたふくかぜ、突発性発疹、プール熱、RSウイルス感染症など)

緊急時の対処

診療は原則として順番通りに行いますが、以下のような症状がある場合は配慮しますので、遠慮なくお申し出ください。

お子さんの具合がひどく悪い場合

何度も嘔吐を繰り返して、ぐったりしている
ひきつけ(痙攣)を起こしている、またはその直後である
激しい頭痛や腹痛がある
ぜんそくの発作などにより、呼吸が苦しそう
うとうとして目の動きがおかしく、ぐったりしている
周囲の刺激に反応しない

上記以外でも、急を要すると思われるケースでは、医師やスタッフの判断により適切な対応をいたします。また、このような急性症状のお子さんがいらっしゃる場合には、診察の順番が前後することもあります。ご了承をお願いいたします。

お母さん方へ

こんなお悩みありませんか??

普段から気になっているが、“今更聞けない”質問ありませんか?
お母さんからよく聞かれることをQ&A形式でまとめました。
以下は一般的なこととなりますので、それぞれのお子様に適した対応をなさってください。

Q

子どもがどんな状態だったら、受診した方が良いのでしょうか?

A

お母さんからよく聞かれるのが、「子どもがどんな状態だったら医療機関を受診したらいいのか」「いつ行けばいいのか」といったことです。
当院ではわかりやすい目安として、子どもの基本行動である「食べる」「寝る」「遊ぶ」のどれか一つでも普段通りにできなければ受診しましょう、とお伝えしています。
「寝られない」ケースとしては、夜間にせきが続く場合などが考えられ、「遊べない」ケースとしては、体のだるさなどが挙げられます。
この3つを意識して、お子さんの状態を見ていれば判断しやすいのではないでしょうか。

Q

熱が出ているのですが、すぐに受診した方が良いのでしょうか?

A

熱以外のお子さんの状態によって異なります。

大至急、受診するべき場合
  • 顔色が悪い、ぐったりしている
  • けいれんがある
  • 呼吸するのが苦しそう
  • まどろんでいる、反応が悪い
  • 何度も吐いてしまう
  • 水分がとれない
  • 尿の色が濃い、尿が出ない
  • 段々と状態が悪くなっている
  • 生後6ヵ月以内での発熱
かかりつけ受診を勧める場合
  • いつもより元気はないが、少しは遊ぶ
  • 少しは水分や食事がとれる
  • 少しは眠れる

Q

せきが出ていますが、どのタイミングで受診すれば良いですか?

A

こちらも、せきの内容やせき以外での状態によって異なります。

救急受診を勧める場合
  • 呼吸が苦しそう(呼吸が速い、ゼーゼー・ヒューヒューと音がする、繰り返しせきをしている、のどが詰まっているようなせきをしているなど)
  • ぐったりしていて顔色が悪い
かかりつけ受診を勧める場合
  • せきがときどき出るが、元気
  • せきが出て痰が絡んでいるが、元気
  • せきと鼻水が出ているが、元気

Q

下痢や嘔吐の場合、どのタイミングで受診すれば良いですか?

A

こちらも、状態によって異なります。

救急受診を勧める場合

下痢

  • 1日に数十回、下痢をしている
  • 便に血が混じっている
  • ぐったりしていて、元気がない

嘔吐

  • けいれんがある、意識がぼんやりしている、眠ってしまう、反応が悪い
  • 嘔吐を繰り返す、嘔吐物が褐色、緑色、赤色(血液や胆汁が混じっている)
  • 腹痛を繰り返す、腹痛が強い
かかりつけ受診を勧める場合

下痢

  • 1~3回下痢をしたが、その後は元気で食事もとれる

嘔吐

  • 1、2回吐いたが、その後は元気で食事もとれる

ご予約・ご相談はお気軽に

お子さまのことでお悩みでしたら、さくらキッズクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください
  • お気軽にお問い合わせ下さいお気軽にお問い合わせ下さい
  • 待ち状況確認・予約受付待ち状況確認・予約受付